カラコンは目に悪い?

カラコンは目に悪い?

カラコンが流行り出した当初、カラコンで失明したなどのニュースを耳にしたことがありませんか?
それからカラコンは、目に悪いというイメージが定着し、薬事法で医療用としてカラコンが販売されるようになってからも、未だにそのイメージを信じている人が少なくないようです。

カラコンは、流行り始めた当初は、医療機器ではなく、度数などが入っていないオシャレ用のアイテムだったので、安くて、品質が悪いカラコンが横行してしまったのです。
そのようなカラコンを使った人たちが、様々な目のトラブルに遭い、ひどい人では失明したという報告がなされました。

しかし、2009年から薬事法でカラコンも医療機器として販売するように制定され、品質などにもルールが引かれたので、現在ではそのようなトラブルは起こりにくくなっています。

ただ、処方箋がなくてもカラコンを購入できるショップなどがあるため、たまに安さに惹かれて品質の悪いカラコンを購入してしまいトラブルが起こる場合があるようです。
薬事法に則って作られているカラコンは、医療用機器承認番号が記載されていますので、それを確認のうえ購入すれば、このようなトラブルも避けることができるでしょう。

また、元々アレルギーなどがある人がカラコンを使って炎症を起こしたりすることも多いようですが、カラコンを購入する前に医師の診断が必要ですので、アレルギーがある人は、カラコンを装着しても大丈夫かどうか、確認しておくと良いでしょう。

    あなたにお薦めWEBインフォメーション

  • 女性としての魅力を最大限に引き出せる素晴らしい着物レンタルを考えているならレンタル衣装マイセレクトがおすすめです。日本独自の衣装である着物を伝統的な部分を残しつつ、若い世代の新しい感性を取り入れたデザインのものが豊富にあるのでお着物を着たいという方は是非サイトを見てみてくださいね。

Copyright(C) カラコンについて知りたい!! All Rights Reserved.