カラコンのトラブル

カラコンのトラブル

カラコンは若者を中心にオシャレとして使われ初めて、まだ月日は浅いですが、様々なトラブルが多く起こっているのは否めません。
しかし、2009年にカラコンも医療用機器として販売するよに制定され、品質や安全性にルールができましたので、2009年以降は、深刻なトラブルもあまり起こらなくなっています。

それでもトラブルが起こっているのは、外国産のカラコンを使用している人がいるからです。
海外では日本ほど衛生面が徹底していないために、作る時点でカラコンに細菌が付着したり、レンズケースが汚れていたりするようです。

それに気が付かずに購入したばかりのカラコンを使ってしまい、目に炎症が起こったなどのトラブルが数多く報告されています。
また、品質の悪い物では、着色料が装着中に溶け始めたという報告もありました。

カラコンは直接目につけるものですから、本当に怖いですね。
目に何かあったら取り返しのつかないことになるかもしれません。
十分に注意する必要があるでしょう。

外国産のカラコンは、確かに日本製の物よりも安くて購入しやすいですが、品質は日本製のものより劣るものが多いですし、安全性が確認されていません。
外国産のカラコンを使用する場合はくれぐれも注意するようにして下さい。

    Copyright(C) カラコンについて知りたい!! All Rights Reserved.